Weak Ties Project <「弱いつながり」をつくる>
By Ryosuke Kakehashi Follow | Public

## Weak Ties Project とは何か

本プロジェクトは年齢、性別、業界、職種を超えて情報の交換を通じ、弱いつながりをつくっていくことを目的とするものです。

皆さんが今所属する企業、団体、学校といったコミュニティに於ける関係性は、帰属意識や社会的つながりを得られるメリットがあります。
しかしながら、所属するコミュニティをひとつに限定してしまうことは、いくつかの問題を抱えていると思っています。
たとえば、次のようなことが挙げられると思います。

### コミュニティを限定することによる問題

* 特定のコミュニティに根付いている「当たり前」を、「社会」の当たり前だと認識してしまうこと。
* 同じ文化・環境に適応した人と長時間過ごすため、どうしても視野が狭くなってしまうこと。

これらの問題を解決するために、本プロジェクトを参加者の皆でつくっていきたいと考えています。

### Weak Ties Project がどう役に立つか

* メンバー同士が利害関係によるつながりではなく、偶然によるつながりであることによって本音で語ることができる
* いま所属しているコミュニティとは別の居場所をつくることで、セーフティネットとして機能させる
* 他者とのインタラクティブな対話によって新しい気づきを得る

## 具体的になにをやるのか

(企画案)
* ライトニングトーク(仕事、書籍、私生活などから得た気づきを自由にプレゼンする)
* ビブリオトーク(「ビブリオバトル」をライトにしたもの。最近読んだ本を皆に勧めて意見をもらう)

以上

1 Follower
Comments